アロマテラピーの歴史

アロマテラピーはここ最近人気になったきましたが、アロマテラピーを使用していたのはかなり昔からです。
古代エジプトではすでにアロマが使用されていたと言われており、 ミイラを作る際の防腐剤や化粧品・薬として使われていました。

また、その昔クレオパトラはバラが好きだという話は聞いたことがあるかもしれません。
専用の香樹園をもつほど、バラが大好きでアロマをこよなく愛し、愛用していたのです。
このようにアロマテラピーの歴史はとても古いのです。
1900年代になったら、世界中で愛用されているのが分かります。

アロマを治療や療法目的としてとしてアロマテラピーを最初に使用したと言われるのはフランスです。
火傷のあった箇所にラベンダーのエッセンシャルオイルを塗ったところ傷があっというまに治ったという話が有名ですね。
ただ今のアロマテラピーは医療として使われるよりも自然の力を利用した療法という考えが中心です。
現在でもっともアロマテラピーが浸透しているのはフランスです。
その他にもイギリスなどのヨーロッパを中心に療法と扱われています。

日本でアロマテラピーが広まったのはつい最近です。
1996年には日本アロマテラピー協会が発足するなど、人気も出てきています。
リラクゼーションや美容として利用している人が多いですが、医療の分野でも広がりを見せています。
日本で行われているアロマテラピーはイギリスで使われているものが基本になっていると言われています。
このアロマテラピーは心身のバランスを正常にするためのものになります。